アニメ「はちみつとバタフライ」を読んで

運村アルトくんのアニメ「はちみつといったバタフライ」を読みました。

様々な工場がある町を舞台に、職人という職人を補佐するプロップマンの人間青写真を描いた短手直しだ。

最初報告瞳は、フィギュア工場の職人ニコラのチャットでした。

フィギュア中身においては天才的な才能がありながら、それ以外のことは何らまともにできず、人付き合いも苦手なニコラ。

これまで何人ものプロップマンに逃げられているのですが、新しくやってきたレオンはそういう二コラという仲良くなろうという奮闘します。

二コラに振り回されながらも、どこまでもきめ細かいレオンが正にいい人でなごみました。

二報告瞳は香水工場のシェリーとそのプロップマンですアルマの物報告でした。

民衆の面前で頭からバケツ一杯の紅茶をかぶったり、異臭につられて右往左往を繰り返したりという、奇行の際立つシェリーの作風が面白かっただ。

そうして三報告瞳はリング工場の職人ジルというそのプロップマンですリタの物報告でした。

こういうジルが、軽々しいリズムで甘い謳い文句をささやきめくるプレイボーイタイプで笑えました。

あんなジルを賢くあしらいつつ助けるリタには、すごい好感が持てました。

全体を通しておとぎ話もののかわいらしいスタンスが広がっていて、容易い気持ちになれる素敵な最初冊でした。メグリス 最安値